救急法

ひさびさのボーイ隊です

NCM_0037NCM_0042-1

 

2月9日(日) ボーイ隊7名は明新公民館にて救急法について学びました

まずは救命処置
模型を使い、気道の確保・人工呼吸・心臓マッサージ・AEDも使用しました
途中カブ隊スカウトが見学しに来てくれました
(画像がなく残念!)

意識がない、呼吸が止まっている人に1秒でも早く対応することがいかに大事か、
大人も考えさせられる内容でした
スカウト達も真剣に取り組んでいました

次に応急処置
三角巾を使って腕や足の止血方法・骨折、ねんざ、やけどをした部位別の手当て・衣服や布を使った担架で搬送する方法など、普段ハンドブックで眺めていることを実際に行いました

上の画像は、上班がケガをしたので(という設定で…)頭部を止血し、足を骨折したので段ボールで固定しています

三角巾のたたみ方も簡単そうで簡単ではなく、でもコツさえつかめば超簡単! 
各々が三角巾と奮闘し、自分の腕やスカウト同士で腕を固定したり、折りたたんだ三角巾で色々な使い方を習得しました

NCM_0034-1

衣服を使った担架の作成もありました
2人が棒2本を掴んだまま、着ている服を脱ぎ袖を棒に通します 
シャツならボタンを留めて、簡易担架の出来上がり!

ケガや事故などはできるだけ避けたいことですが、
応急処置、救命処置について学んだことは、スカウト達にとって活動中、普段の生活の中でもしもの時に生かすことが出来れば…と思います

あれ?そう言えば、修了証が届かないなぁ…
ボーイ隊スカウトの皆様、もう少々お待ちください

3件のコメント

  1.  救急法 すごく大切です。しっかり習ってください。でも 本当にできるかな?と思われますが、習っておけば何かできますよ。何をしてよいか知っているだけでずいぶん違います。 
     毎年 中身が変わるので 定期的に救急法は習うほうが良いと思いますよ。
     西分署に 行ったら 日新分団の木村の 名前を出してください。対応が変わります。使えるものは使ってください。 
     団キャンプ やりたいですね。 大安寺でも良いのでは?

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください