冬季宿泊訓練を行いました


1月20日、21日、九頭竜スキー場、奥越高原青少年自然の家で冬季宿泊訓練を行いました。福井の冬はスカウト活動が制限されてしまう時期ですが、カブ隊、ボーイ隊のスカウトは雪にも負けず元気いっぱいの活動を繰り広げました。
1日目は、九頭竜スキー場でスキー訓練。初心者は下のゲレンデでボーゲンができるように、なれたスカウトたちは長いリフトに乗って頂上近くから長いゲレンデを滑っていました。
初心者のスカウトはボーゲンのコツをつかみ「もう怖くない」と言えるようになりました。

2日目は。奥越高原青少年自然の家の周りで、雪を使ったプログラムをし、「イグルー」作りに汗を流しました。今年は双子のイグルーをトンネルでつないだものを作ろう、ということで全員力を合わせて製作にあたりました。2つも作ったのに去年よりも早く1時間半でできました。みんなの製作スキルが上がったようです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください